三郷市・八潮市の不動産会社ガイドHOME » 八潮市の不動産購入パーフェクトブック » 八潮市の住みやすさをリサーチ » 子育て・学校

子育て・学校

このページでは、三郷・八潮エリアで不動産購入を考えている方へ向けた、八潮市の住環境(医療施設や子育て環境の良さ)を紹介しています。

子育て環境は?

一戸建てやマンションを購入する際、お子さまがいるご家庭なら、交通の便や買い物・医療の面のみならず子育て環境も気になるところです。八潮市は子育てに向いているのでしょうか。

一番最初に気になるのが「待機児童数」です。埼玉県が2015年に発表した「平成27年4月の保育所等の待機児童数について」を見てみると、八潮市の待機児童数は33人。国から新たな待機児童の定義が示されたことにより、親が休職中のケースも含まれるようになったため「目に見えない(潜在的な)待機児童」がカウントされるようになったからです。

2013年には保育所新設の努力により0人だったところ、定義見直しにより影響を受けている形です。市町村の認可事業(地域型保育事業)として「小規模保育施設」の運営認可を広げる努力をしている八潮市ですから、子育てに大きな障害となることはないでしょう。

教育機関について

学校についてはどうでしょうか。良くも悪くも地方の小中学校揃い、というのが評判です。のびのびと育てるにはちょうど良いでしょうし、やはり私立にというときも交通の便のよさを利用して東京都の学校に通わせることも不可能ではありません。親御さん・お子さまの考え次第で柔軟に対応できる、と言い換えることができるでしょう。

子育てに必須なのが「こども医療費の助成」です。八潮市では2015年から医療助成を拡大、中学3年生までの入院は自己負担なし、小学校就学前までの通院は自己負担なし、小学生・中学生の通院は1割負担でOKです。この制度は、子育て世帯にはありがたいものです。1,000人あたりの病床数も13.2床(埼玉県平均は10.6床)と、病院の受け入れ力も充分。小児科も10施設あります。安心して子育てができる環境が整っていると言ってよいでしょう。

子育てに必要な医療の補助は充実、全国的に見てごくごく平均的な小中学校、私立へ行きたくなれば東京とは近い。このような環境が揃う八潮市は、もしかすると子育て世帯の望む良い環境なのではないでしょうか。

地域密着で安心
おすすめ不動産会社を調べました!

三郷市&八潮市エリアの不動産会社を探す
※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は、各会社の公式ホームページなどをご確認ください。