三郷市・八潮市の不動産会社ガイドHOME » これから家を買う人へ!住宅購入の基礎知識 » 不動産会社を選ぶポイント

不動産会社を選ぶポイント

このページでは、三郷・八潮市にあるおすすめの不動産会社の選び方やポイントを紹介しています。

良い不動産会社の選び方

住宅購入の際に、「不動産会社の選び方は?」と悩む方も多いはずです。それもそのはず、家は一生に一度のお買い物というのが定説だからです。何度も経験される方のほうが少数派でしょう。

おすすめできる不動産会社の特徴を以下にまとめてみました。

  • 相談しやすい雰囲気
  • 不動産(土地・建物)やお金に関する豊富な知識
  • 取り扱える物件の多さ
  • 売りっぱなしにしないアフターフォロー体制

まずはWEBサイトで気になる物件を見つけ、電話してみましょう。応対の仕方はどうでしょうか。あなたの望む条件を上手に聞き出してくれるでしょうか。そんな些細な会話の中からその不動産会社のイメージを掴んでみてください。

電話で不動産会社をある程度絞り込んだら、実際に足を運んでみます。ここでは先と同じような点に気をつけ、スタッフの動きを観察して見ましょう。身を乗り出すようにして相手の相談に乗っているでしょうか。ローンや税金に関する質問に明確に答えられているでしょうか。

ポイントは「両手」と「片手」

是非覚えておいて頂きたいキーワードがあります。それは、「両手」「片手」という言葉です。

「両手」とは、不動産を仲介する際に、売り手と買い手の両方から手数料を取ることを指します。ひとつの物件を仲介するとき、やはり両方から手数料が入ることは、不動産会社にとっては“おいしい”お話です。ですが、それを狙うばかりにいつまでも「いい物件はなかなかでてきませんね」と話を引き伸ばす不動産会社も存在します。これを「囲い込み」とも言います。

一方、「片手」とは、中古物件を売りたい側の不動産会社と、買いたい側の不動産会社が売り手・買い手からそれぞれ仲介手数料を取る事を指します。不動産会社間での連絡ができている状態ですから、無駄な引き伸ばしはありません。

もうひとつ知っておいて頂きたいのは、「REINS(レインズ)」というネットワークの存在です。不動産会社のみが見ることのできるサイトで、不動産の“売り”が出たときに物件情報を登録します(義務ではありません)。この情報を活用しながら、不動産会社は中古物件を購入希望者に紹介するのです。一部ではありますが、このREINS情報は私たち一般の人間でも閲覧することができます。これに掲載されている内容をチェックしておけば、相場の感覚や不動産関連の最新情報をいち早く身につけることができます。

新築物件も、1年間売れなければ中古扱い。このサイトで見つけた条件の合う物件を上手に紹介できない不動産業者は、こちらからお断りというスタンスでOKです。

三郷・八潮は、今現在不動産売買が活発に行われているエリアです。たとえ同じ物件を紹介してもらうにしても、全てのことにおいて安心できる不動産会社を選ぶことが必須です。

地域密着で安心
おすすめ不動産会社を調べました!

三郷市&八潮市エリアの不動産会社を探す
※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は、各会社の公式ホームページなどをご確認ください。