三郷市・八潮市の不動産会社ガイドHOME » これから家を買う人へ!住宅購入の基礎知識 » 借地権付き一軒家のメリット・デメリット

借地権付き一軒家のメリット・デメリット

三郷や八潮などの地域で、土地を借りて一軒家を取得する「借地権付き建物」での不動産の購入を検討されている方や、借地権についてくわしく知りたいと思われている方に、借地権の種類や「借地権付き建物」取得のメリット・デメリットについてご紹介します。

借地権ってなに?どんな種類があるの?

借地権は、その名前の通り「土地を借りる権利」のことです。土地を借りて一軒家などの不動産を購入するのは不安との理由から、購入の検討範囲の候補から外される方もいますが、同じ「借りる」という名前がつきますが、一般の賃貸住宅とはシステムが異なります。ここでは、現在施工されている3種類の借地権である「旧借地権」「普通借地権」「定期借地権」についてご紹介します。

旧借地権

「旧借地権」は、大正時代に制定されたものです。借地期間が満了した場合でも、地主側に正当な理由(正当事由)がない限りは、借地権が更新されるという制度です。

普通借地権

「普通借地権」は、最初の借地期間を30年、その後1度目の更新を20年、2度目以降の更新を10年の期間に定めた長期的な視野での契約を取り決めた制度です。この「普通借地権」の場合も、借りている人が希望する限りは自動的に更新されるという、契約更新を前提とした権利です。地主は正当な理由(正当事由)がない限りは、契約を更新しなければなりません。

定期借地権

「定期借地権」は、名前の通り土地を借りる期間を定めた借地権のことです。契約の更新がある「普通借地権」とは異なり、契約の更新がなく、定めた期間を満了したときには、土地を更地に戻した状態で地主に返還するのが原則となっています。契約の期間は、50年以上が一般的で、契約期間満了の際の立ち退きには「立ち退き料」の支払いの義務がないのが特徴です。

借地権付き建物のメリット

価格が安い

「借地権付き建物」購入の最大のメリットは、「所有権付き物件」の購入に比べて価格が安いことで。同じ価格で、より広い家や便利な立地にある建物を購入できる場合があります。

土地取得に関わる税金が免除される

住宅取得と同時に土地の所有権も手に入れた場合は、「不動産取得税」が課税されるほか、「固定資産税」や「都市計画税」など、毎年の支払い義務がある税金が発生します。「借地権付き建物」であれば、これらが課税されることがありません。

借地権付き建物のデメリット

地代がかかる

土地についての税金は、地主に支払い義務がありますが、決められた地代を毎月地主に支払う義務があります。

銀行融資を受けづらい

購入する際の資金として銀行からの融資を視野に入れている場合の障害となりやすいのが、銀行融資を受けづらい、または融資自体を受けられないというデメリットが考えられるという点です。
「借地権付き建物」では、銀行の担保評価が低くなる傾向があるためです。

売却しづらい

転勤や家庭の事情などで、借地権付き建物売却する必要が出た際に、売却しづらい傾向があること、または 売却できたとしても価格が低めになる場合が考えられます。

「借地権付き建物」の購入を検討する際に気になる「借地権」の種類と内容、購入の際に考えられるメリットやデメリットについてご紹介しました。借地とはいえ50年以上借りることも可能なため、自分の人生設計に合致しているのであれば、相場価格よりも安く手に入れられる「借地権付き建物」は、一度は検討してみる価値がありそうです。

地域密着で安心
おすすめ不動産会社を調べました!

三郷市&八潮市エリアの不動産会社を探す
※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は、各会社の公式ホームページなどをご確認ください。